旅行記を中心に気まぐれに更新中です♪


by calgary-2310t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

稚内・利尻・礼文への旅 ~7/18 8時間ハイキング後編~

059.gifAM10:45
鉄府漁港を出て、海岸線沿いを45分ほど歩くと澄海岬(スカイ岬)に到着!
この海の色、スゴくないですか?
透明度の高いエメラルドグリーン。まるで南国のようです。
d0004195_2024558.jpg











ここに着いたら、宿に電話をするように言われてたのでTELしてみることに。
私たちのタイムは順調とのこと。
もし体調が優れない場合はここでリタイアするように言われました。
ちなみにこの近くにある浜中バス停が4時間コースのゴールだそうです。

ここから先は携帯も通じないし、一方通行なので引き返すことができない…と聞くと恐くなりましたが、リタイアだけはしたくないので気合いを入れて再出発~☆

8時間コースの後半に差し掛かったとたん、人気(ひとけ)がなくなりました。
ほとんどの人が4時間コースだったようです。

両サイドが枯れたクマ笹のみの殺風景な山道が1時間ぐらい続きます。しかも日差しを遮るものが何もないので直射日光が痛い(ノ_・。)
たまーに高山植物が咲いてるなと思ったら汚い色をした蝶の群れに追い掛けられたり、先の見えない上り坂が延々と続いたり、8時間コースを選ぶんじゃなかった、と後悔(´~`;)
d0004195_20525163.jpgd0004195_2053516.jpg








ゴールの礼文林道まであと13KM!!
道幅が狭くて休憩する場所がないので、黙々と歩き続けました。

059.gifPM1:15
昼食ポイントに到着!
さっきまでずーっと山の中だったので久しぶりの海にテンションUP~☆
切り立った崖にレブンウスユキソウ(エーデルワイス)が咲いてましたヾ(*´∀`*)ノ
d0004195_21123191.jpgd0004195_21202881.jpg








059.gifPM1:45
食後は砂すべりと呼ばれる急斜面の下りが待ってました。ここで2回も転んでしまいました^^;

砂すべりが終わってホッとしていたら今度は岩場が待ってました。
なるべく大きな岩を選びながら1つずつ飛び越えていくのが辛かった(≧ω≦)
30分後には足がガクガクになってました^^;
d0004195_2135127.jpgd0004195_21352461.jpg









059.gifPM2:15
最後の休憩ポイント、宇遠内(ウエンナイ)に到着!
売店でお茶を2本買って一気飲み!実は持参してたお水をとっくの昔に飲み干していて、喉カラカラでした。生き返った~!

059.gifPM2:50
ここを出ると、最後の上り坂が待ってます。
ゴールまで1時間半ぐらいかかるらしいのでもうひと踏ん張り。

059.gifPM3:50
携帯の電波が届くようになったら宿に電話するように言われてたのでTEL。
ゴールはまだ先だと思ってたのに、私たち、すでにゴールしてたようです^^;
あまりの呆気なさに感動は薄めでした。

この8時間コース。礼文島最北端のスコトン岬から礼文林道までを歩く約30kmのハイキングコースで、「愛とロマンの8時間コース」という異名も持っているそうです。名称の由来は「最初は顔も名前も知らない旅人同士が共に歩いているうちに友情が芽生え愛が生まれロマンに発展する」というところから名付けられたとか。

ゴール後、利尻山をバックに記念撮影☆
d0004195_22102186.jpg








*おまけ*
今日の夕食
d0004195_22112344.jpg
[PR]
by calgary-2310t | 2011-08-09 22:15 | 国内旅行