旅行記を中心に気まぐれに更新中です♪


by calgary-2310t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

稚内・利尻・礼文への旅 ~7/17利尻島編~

7月17日(日)
059.gifAM4:30
昨夜は4時間しか寝られなかったけどスッキリ起床!
旅行中は睡眠時間が短くても平気です(*^▽^)v

まずはホテルが準備してくれた朝食をいただくことに。
ご飯にお味噌汁、そして小鉢が8皿も付いていてボリューム満点☆
d0004195_20333236.jpg








059.gifAM6:00
チェックアウトを済ませてからJR稚内駅へ。
ふじ田食堂(駅前再開発中につき仮設店舗で営業中)で昨日予約しておいたカニ爪弁当をピックアップ♪
本当はカニ爪8本入りのところ、2本おまけしてくれました~!
さらにフェリーの中で食べなさい、とサンドイッチまで持たせてくれました。
おばちゃん、本当にありがとう!!
d0004195_20345679.jpgd0004195_20344337.jpg








JR稚内駅からフェリーターミナルまで早足で歩いて15分ぐらいかかります。
見えてるのに意外と距離があります。

059.gifAM6:30
稚内港からハートランドフェリーに乗って利尻島へ。
今にも雨が降り出しそうなお天気です。
乗船時間が約2時間あるということなので、2等の雑魚寝部屋で仮眠(∪。∪*)d0004195_20353995.jpg








059.gifAM8:10
利尻島(鴛泊港)に到着。
フェリーターミナルで宗谷バスの定期観光利尻Cコースを申し込みました。
1号車がいっぱいになったというので2号車へ。

059.gifAM8:25
ツアー開始。
2号車はガラガラのまま発車~!

まずは姫沼へ。
ここで小雨が降り始めました。見る見るうちにガスが発生して一瞬で周りが真っ白になりました^^; せっかく来たので湖の周りをグルっと一周しました。
周囲1キロ、約20分の散歩コースになってます。
水辺に映る逆さ富士を見たかったなぁ・・・。
d0004195_20434967.jpgd0004195_2044634.jpg








でも、次の目的地、利尻島郷土資料館に着くころにはお天気が回復して、利尻山がうっすらと見え始めました。
この札幌時計台のような洋風建物が資料館です。利尻の自然をテーマにしたジオラマなどが展示されてます。
d0004195_20445874.jpgd0004195_20451537.jpg








そしてオタドマリ沼ではバッチリ利尻山を眺望することができました。
d0004195_20582268.jpg











この景色どこかで見たことありませんか?
そう!白い恋人のパッケージになっているそうです。

駐車場の近くにあったお土産物屋さんで万年雪ソフトクリームをいただきました。
ここの社長らしきオジさんに「不味かったら言ってや~」と自信たっぷりに話し掛けられました。甘すぎず、さっぱりしているところがgoodでしたわよ(笑)
リスのぬいぐるみと一緒にパチリ☆
d0004195_2114978.jpg








次に向かったのは仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)です。
ここからは猛々しい利尻山をみることができます。
いけすの中にアザラシがいてエサ(イワシ)を与えることができます。
写真下はそのエサを狙うカモメ。
d0004195_21141054.jpgd0004195_21143232.jpgd0004195_21144464.jpgd0004195_21145875.jpg

そして標高450mの見返台園地(みかえりだいえんち)へ。展望台へは100段の階段を上ります。約10分ぐらいです。
遠くのほうに沓形港(くつがたこう)が見えます。
d0004195_212876.jpgd0004195_21282416.jpg








ツアーの最後は沓形岬公園へ。
お天気が良ければここから礼文島が一望できるそうです。
d0004195_21331056.jpgd0004195_21332115.jpg







059.gifPM12:55
鴛泊フェリーターミナルで解散。

7/17礼文島編につづく。
[PR]
by calgary-2310t | 2011-07-27 21:38 | 国内旅行